科目名 造形実習ⅡB
単位数 6.0
担当者 教授 笠原 浩、講師 有持 旭
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 (映像メディア);造形実習ⅡA〈映像メディア〉から継続するものとしている。ⅡB〈メディア〉においてはより高度なスキル習得をメインとします。
科目の到達目標 (映像メディア);前期ⅡA〈映像メディア〉における演習で培った基礎をさらに展開、応用し、表現の基となるコンピュータの操作技術を高めるとともに、より高度な映像表現技術の修得をする。
受講要件 前期造形実習ⅡAを履修済みであること。
事前・事後学修の内容 デジタル機器を使った技法演習を行った後には、その項目について自主的に復習することを習慣付ける。
・関連する展覧会,催しへの参加。
・指定映像作品の視聴。
講義内容 (映像メディア);1~6:デジタル合成映像
モーショングラフィック制作を展開するにあたり、Adobe AfterEffects等のソフトウエア基本操作のレクチャーの後、各自課題に則した実制作を行う。
造形実習ⅡAで使用した数々をソフトウエアを含め映像制作技術を統合的に駆使し新しい表現の展開を計る。
7~15:映画的映像制作
基礎的な技術習得のためのワークショップ形式演習を複数課題行ったのち、本格的な映像機器を使用した少人数グループによる映像制作をおこなう。カテゴリーとしてはドキュメント映像制作となる。一年間で習得した映像制作スキルを活かし、実践的な的映像制作を行う。

評価方法 課題提出を最低条件とし,それを「可」とする。それに加え指導内容の反映,制作における計画性、表現の豊かさ、発展性等を総合的に評価し点数化したものを加点して「良」,さらに優れた表現をしたものに「優」,特に優れた表現をしたものを「秀」とする。
教科書等 必要に応じて、随時提示する。
担当者プロフィール
備考