科目名 造形実習ⅡB
単位数 6.0
担当者 講師 古堅太郎
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 課題への取り組みを通じて、現代美術の基礎的な知識と実践的な作品制作・展示・プレゼンテーションについて学ぶ。
科目の到達目標 ◎本科目では、まず作家や作品など20世紀以降の美術に対する基礎的な知識に加え、様々な思想、作家のポジション、制作方法、戦略について学ぶ。現代美術の様々なジャンルをカタログ的に経験することにより、俯瞰的な視点と自らの立ち位置について考察する。
◎学内だけの評価ではなく、コンペに応募するなど、作品を積極的に学外へプレゼンテーションしていく。公募などの実践的な課題を通じて作品やコンセプトの強度を高める。
受講要件 1年次までの専門科目の単位を修得していること
事前・事後学修の内容 現代美術史、アートマネージメント概論、写真(映像)概論も合わせて受講することが望ましい。また、美術館やギャラリー、アートプロジェクト、アーティストトーク、ワークショップなど芸術に関する展示やイベントに積極的に参加すること。
講義内容 課題で制作した作品はもちろん、制作過程のスケッチやアイデアなどもできるだけ記録すること。特に作品展示は高画質の写真や映像などで記録しておくこと。2年次の後期に集中講義として開催する「描出演習」で、記録写真などをポートフォリオとしてまとめる。

1.「公募:ゲンビどこでも企画公募」
2.「ソーシャーリーエンゲージドアート:社会と関わるアート」
TEDトークで語られる様々な分野のイノベーションや問題などに注目しながら、前期で取り組んできた身近なものや出来事、空間、人などに関連付けて制作する。
3.「無形の可視化」
形のないものについて考察し、可視化する。

※課題の内容・数・実施順序などについては、科目の到達目標により適した形で変更や改善を行う可能性があります。また、課題に含まれている公募は、応募期間などにより公募の内容や課題の実施順序が入れ替わる可能性があります。
評価方法 主に提出された作品とプレゼンテーションによって審査する。特に以下の点に注目し採点する。
◎作品のアイデアやコンセプトの着眼点、内容、斬新さ
◎制作過程における手法、アイデアやコンセプトとの組み合わせ方
◎作品や展示、プレゼンテーションの完成度
教科書等 各課題において必要な資料等を随時配布または提示する
担当者プロフィール 古堅太郎(現代表現領域 講師)
備考 なし