科目名 造形実習ⅡB
単位数 6.0
担当者 責任者 教授:永見 文人、 教授:南 昌伸
履修時期 後期
履修対象 金属造形分野2年次
概要 立体的な表現を行う上で有効となる、塑性加工と鋳造技法、溶接を中心とした基本技術を習得する。
また、実習のまとめとして、習得した技術を活かした課題制作に取組み、学内での展示を行う。
科目の到達目標 塑性加工の中から「絞り加工」の実習、鋳造技術の中から「ロストワックス法」の実習を行いながら、塑性加工及び鋳造の技法の道具と技法についての理解を深める。 溶接演習を通じて、金属の接合方法と合理的な制作法を理解・修得し、表現手段の幅を
身に付ける。
受講要件 2年次前期までの専門科目の単位を修得していること。
事前・事後学修の内容 金属造形分野の基礎的な造形力、技法の習得には日々の積み重ねが必要である。毎日の実習を大切にし、始めての経験である道具や機械の使用方法も正しく理解し、安全に実習を心がけるようにする。
基本を踏まえた上での新たな表現の可能性に気付き自己の作品へと展開でするようにする。
授業で取り上げた「専門技法や、作家」については、専門書籍等で調べ、復習するようにする。
講義内容 〔1〕塑性加工Ⅱ (底のある器)  【永見】

  1. 道具製作(絞り鎚2本)、絞り技法・材料取りの説明
2. アルミ板による絞り加工の体験と試作
3. 銅板による本製作
4. 仕上げ(口作り、錫引き、硫化仕上げ、蜜蝋コーティング)、講評



〔2〕鋳造 : ロストワックス法による鋳造演習【南】

5.  鋳造についての概説(原形制作、型製作、鋳込み)
6.  ワックス原形制作
7.  型製作
8.  鋳込み、仕上げ、講評



〔3〕溶接技法演習 【永見】

9. アルゴン溶接、アセチレンガス溶接、CO2溶接の技法解説と安全指導、溶接体験
10. 溶接技法練習、溶接技法による様々な表現方法の体験



〔4〕課題制作『身につけるかたち』(複合制作)【南・永見】

11. 課題説明、作品エスキースの作成、資料収集、プレゼン1
12. 作品完成予想図の作成、プレゼン2
13. 作品試作による、技法・素材・表現の確認、実制作
14. 実制作
15. 実制作→作品完成→作品展示、講評
評価方法 作品提出をする事を単位取得「可」の最低条件とし、完成度の高い作品を「良」、
独創性に優れたものを「優」とする。完成度と独創性共に極めて優れた作品を「秀」とする。
受講状況と各単元の作品評価を総合点で評価する。
教科書等 教科書:特になし
参考書:項目ごとに適宜資料を配付する
担当者プロフィール 専門は金属工芸である。材料、技術の可能性を常に意識しながら工芸,金属造形の分野において制作研究を行っている。
備考 ・中学校一種免許(美術)必修科目