科目名 造形実習ⅡB
単位数 6.0
担当者 講師 青木伸介
履修時期 後期
履修対象 2年次
概要 漆芸の加飾技法を習得する。
蒔絵(研出し蒔絵、平蒔絵)
「実習」
科目の到達目標 加飾技法を学ぶことにより漆の特性を認識し、表現の可能性を探る。
受講要件 前期の造形実習ⅡAを履修済みであること。
事前・事後学修の内容 漆造形の基礎的な知識、技術の習得のため実習時間を厳守する。
次回までに前工程を終え、理解をより深めるための復習を行なう。
自己の研究課題への展開を意識して取り組む。
講義内容 ◎漆造形基礎実技
加飾技法(平蒔絵、研出し蒔絵)
1〜3週:課題説明(技法と素材など)、作例紹介、道具制作(粉筒、粉匙など)
4週:漆精製法の講義、炭研ぎ→胴擦→摺漆
5週:磨き→図案制作→絵漆作り→置目(転写)
6〜11週:地塗り→地描き→粉蒔き→粉固め(平蒔絵、研出し蒔絵)
12〜13週:炭研ぎ→磨き→付描(毛打ち)→粉蒔き、上塗り(研出し蒔絵)
14週〜15週:粉固め→磨き→仕上げ(平蒔絵)、炭研ぎ→胴擦→摺漆→磨き→仕上げ(研出し蒔絵)、講評

   
評価方法 受講態度、提出作品を評価
基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の最低条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」「優」「秀」の順で評価する。
教科書等 必要に応じて、随時資料を配布する。
担当者プロフィール 青木伸介(漆造形・講師)
備考