科目名 描出演習Ⅱ
単位数 2.0
担当者 責任者 教授:永見 文人、 教授:南 昌伸
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 「造形実習ⅡA」で習得した、レリーフ表現の応用編として装身具の制作を行う。
完成作品は、後期終了時の学内展示で発表する。
科目の到達目標 「レリーフ表現」を幅広く捉え、独自の表現へと展開して行く。
制作する装身具とレリーフ表現との関連について充分考察する。
装身具の留め金具等について、既成の装身具の調査を行い、その機能について考察し、個々の作品に適する機能美を追求する。
受講要件 2年次前期までの専門科目の単位を修得している事。
事前・事後学修の内容 「レリーフ表現」については、金属素材の作品に限らず、幅広い視点に立って、調査・研究する事。
装身具の留め金具については、既成の作品や、関連書籍の資料から、その機能と美的表現について良く調査する事。
講義内容 1. 課題説明とスケジュールの確認
2. 既存のレリーフ作品と装身具の機能美についての調査。アイデアスケッチの制作
3. プレゼンテーション1(ラフスケッチの提出)
4.素材選定とデザイン決定のための試作
5.実素材における試作
6.プレゼンテーション2(最終プランの提出)
7.実制作(素材・表現技法の確認)
8.実制作」(パーツ制作)
9. 〃
10.中間チェック(作品制作迄のプラン確認)
11.実制作(パーツ制作と仕上げ)
12.実制作(研磨、色上げ)
13.作品組立て、仕上げ
14.作品完成
15.作品提出・展示・作品講評







評価方法 作品提出をする事を単位取得(可)の最低条件とし、完成度の高い作品を(良)、
独創性に優れたものを(優)とする。完成度と独創性共に極めて優れた作品を(秀)とする。
各単元の受講状況と作品評価との総合点で評価する。
教科書等 教科書:特になし。
参考資料:適宣資料を配布する。
担当者プロフィール 専門は金属工芸である。材料、技術の可能性を常に意識しながら工芸、金属造形の分野において研究・作品発表を行っている。
備考 ・中学校一種免許(美術)必修科目
・高等学校一種免許(美術)必修科目