科目名 描出演習Ⅱ
単位数 2.0
担当者 准教授 野田 睦美
教授  倉内 啓
履修時期 後期
履修対象 2年
概要 人体クロッキーと人体をテーマとした造形作品の調査及び研究を行い、クロッキー帳にまとめる。人体クロッキーを様々に展開さ
せ、染織造形による作品を制作する。
科目の到達目標 <人体クロッキー>
人体クロッキーを通して人体の構造を把握する。
<作品制作>
イメージを様々な方法で具現化するための考察力を養う。
受講要件 1年次までの専門科目を履修していること。
事前・事後学修の内容 関連する造形作品を調査、研究し、積極的に実習を行うこと。
人体クロッキーと人体をテーマとした造形作品の調査及び研究をクロッキー帳にまとめること。
講義内容 <演習>(野田准教授、倉内教授)
1.オリエンテーション
2.人体クロッキー1
3.人体クロッキー2
4.取材、スケッチ
5.人体をテーマとした造形作品の調査及び研究
6.人体クロッキーを様々に展開させる
7.図案作成
8.原画作成
8.素材、技術の調査及び研究
9.サンプル作成
10.制作1
11.制作2
12.制作3
13.制作4
14.仕上げ加工
<講評>
15.合同講評(染織造形教員)
作品を展示し、制作のプロセスなどについて講評を行う
評価方法 作品及び作品のプレゼンテーション(講評)を担当の教員が点数化し、評価する。
作品を提出することを単位取得「可」の条件とし、造形力や技術力のある完成度の高い表現を「良」、より優れているものを「優」、特に優れているものを「秀」とする。
教科書等 必要に応じて参考資料を配布又は紹介する。
担当者プロフィール 野田 睦美(織作家)
倉内 啓(染作家)
備考 課題の提出日と提出時間を厳守し、講評ではプレゼンテーションを行う。