科目名 形体演習Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 吉田 幸弘
履修時期 前期
履修対象 2年
概要 モノを創造することにおいて重要で基礎的な知覚・観察力を実技課題を通して養う。
ここでは特に形体を主眼に置き、コンピューターを用いた実技課題(提出3課題)を行う。
科目の到達目標 コンピューター上の形体作成においても実材に触れ、観察を通じ、新たな発見や触発を促す。フォトリアリスティックな表現手法としての3DCGはもとより、3Dモデリングによるデッサンを行うことにより、より深い観察力を養う。
受講要件 課題期間中の全日出席
事前・事後学修の内容 特にコンピューターの使用法を段階的に行うため遅刻・欠席厳禁。特に遅れが生じた場合次の週までに自習し、遅れを取り戻しておくこと。
講義内容 1.鉛筆によるデッサン(ブランデーグラス)
2.計測し、断面図の作成
3.コンピューターによるデッサン(ブランデーグラス)              
4.モデリング
5.マッピング
6.ライティング
7.コンピューターによるオリジナルデザイン(グラス)
8.IBLによるライティング
9.IBLによるレンダリング
10.自由曲線でのモデリング
11.その他の手法のモデリング
12.背景画像作成
13.合成処理
14.高精細画像レンダリング
15.まとめと作品提出
評価方法 それぞれで制作した作品を点数化し評価する。1点でも未提出の場合は単位習得できない。
すべての作品提出を単位取得の最低条件とし、完成度の高い作品を(良)、さらに独創性に優れたものを(優)、さらに秀でたものを(秀)とする。
教科書等 ソフトウェアのマニュアルの抜粋等、内容、段階に合わせ適宜配布する。
担当者プロフィール 吉田 幸弘(デザイナー 立体造形分野 教授)
備考