科目名 造形実習ⅢA
単位数 6.0
担当者 教授 笠原 浩、講師 有持 旭
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 (メディア):多様化する電子メディア表現の中、各自に適したメソッド、マテリアルを発見し、今後の制作研究テーマのアプローチとなる手法を発見する。指導教員とのディスカッションを通し実験的作品制作を試みる。
科目の到達目標 (メディア); 前半は実践的映像制作課題をグループ制作で行うことにより、映像制作技術の向上と,コミュニケーション能力を高めることを目的とする。
後半は各自の制作手法の模索するための実験制作に主眼を置きを今後の制作の礎となる方法の発見を試みる。各種メディアの特徴の理解と映像表現の技術を高める。
受講要件 デザイン工芸学科2年次までの専門科目を履修済みであること
事前・事後学修の内容 ・関連する展覧会,催しへの参加。
・映像作品の視聴。
講義内容 (メディア);<メディア作品制作(グループ)>
1~3 グループ検討〜制作
4   中間発表
5~6 作品制作
7   作品発表〜提出   
<メソッド研究課題 I >
8:研究計画~検討・指導
9:プロット提出
10:実制作~中間検討会
<メソッド研究課題 2 >
11 :研究計画2~検討・指導
12:プロット提出
13:実制作~
15:プレゼンテーション~作品提出
評価方法 課題提出を最低条件とし,それを「可」とする。それに加え指導内容の反映,制作における計画性、表現の豊かさ、発展性等を総合的に評価し点数化したものを加点して「良」,さらに優れた表現をしたものに「優」,特に優れた表現をしたものを「秀」とする。
教科書等 (メディア);必要に応じて、随時提示する。
担当者プロフィール
備考