科目名 造形実習ⅢA
単位数 6.0
担当者 教授 吉田 幸弘
講師 藤江 竜太郎
履修時期 前期
履修対象 3年生
概要 (立体造形)
「授業形態:実習」
生活にかかわる衣食住といった要素から「座の文化」にスポットをあて、それぞれの基本となる造形理念とその実現のための材料と製作技術、ならびにプレゼンテーションの基本を学ぶ。
科目の到達目標 (立体造形)大学資料館の収蔵品を調査し、その理念の一端と新しい造形表現実現のための製作を通じ、「座の文化」の基本となる造形について理解する。
受講要件 (立体造形)2年次の必修単位である「造形実習ⅡA」、「造形実習ⅡB」、「描出演習Ⅱ」、「形態演習Ⅱ」を履修済みであること。
事前・事後学修の内容 (立体造形)椅子や空間デザインの優れた事例を幅広く意識して学んでおくこと。
講義内容 (立体造形)
『座』
 <課題>過去、現在の椅子の調査分析を通じ、オリジナルデザインの椅子の計画設計と、実材による1/1制作をおこなう
 <出題意図>人とモノ、場の相互関係を把握した上で、素材と構造の関係を知る
       立体造形デザインのプロセスとその段階における意義と手法の習得
 <立案条件>素材は自由とする
 <作品形式>現物1点、三面図、調査レポート

1)課題説明
2)デザイナーズチェア:調査
3)デザイナーズチェア:測量
4)デザイナーズチェア:ドローイング
5)デザイナーズチェア:プレゼンテーション
6)素材加工:木工加工実習
7)素材加工:金属溶接実習
8)制作技法:取材
9)制作:立案
10)制作:1/5模型
11)制作:製図
12)制作:素材実験
13)制作:加工
14)制作:プレゼンテーション
15)展示
評価方法 (立体造形)「平常点」と提出された実作品とポートフォリオ、講評時の作品のプレゼンテーションを点数化し評価する。
作品提出することを単位取得「可」の最低条件とし、コンセプト、独創性、完成度の高い表現を「良」、さらに優れたものを「優」、さらに秀でたものを「秀」とする。
教科書等 (立体造形)必要に応じて配布する。
担当者プロフィール 教授 吉田 幸弘
講師 藤江 竜太郎
備考 大学資料館の収蔵資料の計測をふくめた調査発表、県内の木工・家具メーカーの工場見学等に参加すること。