科目名 造形実習ⅢA
単位数 6.0
担当者 教授 南 昌伸 教授:永見 文人、
履修時期 前期
履修対象 金属造形分野3年次
概要 金属造形の表現の幅を広げるため、溶接技法、アクセサリー石留技法、七宝技法、鉄素材の基本加工等について演習し、課題に対する独自の表現を展開する。演習成果はグループ展示として発表を行う。
科目の到達目標 専門的な技法を習得し、作品表現の幅を広げる。作品制作における立案のプレゼンテーションを重ね、各自のテーマに応じた、素材、技術の適切な選択と柔軟な展開が行える能力を身に付ける。
受講要件 2年次までの専門科目の単位を修得していること。
事前・事後学修の内容 始業時には大切な説明が必ず行われるので、始業時間に遅れないようにし、ノートを確実に取るようにする。
習得した技術や表現方法を最大限に活かして自分独自の表現へと導ける様、関係書籍等からも、調査・研究するようにする。
講義内容 1週〜2週 「溶接技法演習」(TIG溶接、CO2溶接、ガス溶接)【永見】
3. 「溶接複合演習」【永見】
4. 「七宝技法基礎演習1,2」【田部】
5. 「石留め技法演習1」【今城】
6. 「石留め技法演習2」【今城】
7. 「鉄調査、資料収集」【南・永見】
8. 「鉄素材加工演習」(鍛造演習、無垢材)【南・永見】
9.    「鉄素材加工演習」(鍛造演習、無垢材)
10.   「鉄素材加工演習」(鍛造演習、無垢材)
11.    「鉄素材加工演習」(鍛造演習、 板材)
12.    「鉄素材加工演習」(鍛造演習、 板材)
13.    「鉄素による実制作」
14.   「鉄素による実制作」/提出 プレゼンテーション
15. 公開展示の準備 、公開展示
評価方法 提示されたテーマに対する、作品制作とコンセプトの構築に正合性が取れていることと、完成作品の完成度を総合的に評価する。
作品提出をする事を単位取得「可」の最低条件とし、完成度の高い作品を「良」、
独創性に優れたものを「優」とする。完成度と独創性共に極めて優れた作品を「秀」とする。各単元の総合点で評価する。
教科書等 教科書:特になし
参考書:項目ごとに適宜資料を配付する
担当者プロフィール 専門は金属工芸である。材料、技術の可能性を常に意識しながら工芸、金属造形の分野において研究・作品発表を行っている。
・ 田部 健次:七宝作家 ・今城 有希生:ジュエリー作家
備考