科目名 造形実習ⅢA
単位数 6.0
担当者 准教授 大塚 智嗣 、 非常勤講師 藤本 悟
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 漆造形の胎のひとつである轆轤の技術を身につけ、地域の轆轤産業を調査し、デザイン、制作を行う
他、古典研究発表
科目の到達目標 基本的な轆轤の技術を身につけるとともに、地域の産業と繋がりを持ちながら研究を行い、社会との認識を新たにする
受講要件 デザイン工芸学科2年次までの専門科目を履修済みであること
事前・事後学修の内容 轆轤の基礎的な造形力、技術の習得は毎回異なった指導を行います。
実習時間を厳守するよう心がけてください。

講義内容 1:轆轤かんな制作準備
2:轆轤かんな制作 柄制作
3:轆轤かんな制作 根元部 鍛造
4:轆轤かんな制作 鍛造
5:轆轤かんな制作 鍛造  刃物整形 丸刃
6:轆轤かんな制作 鍛造  刃物整形 平刃
7:轆轤かんな制作 鍛造  刃物整形 片刃
8:轆轤かんな制作 鍛造  刃物整形 焼き入れ
9:轆轤かんな制作 鍛造  刃物整形 仕上げ
10:デザイン(図面化)
11:轆轤造形 練習
12:轆轤造形 練習
13:轆轤造形 揃いもの3点以上制作
14:轆轤造形 揃いもの3点以上制作
15:轆轤造形 揃いもの3点以上制作
 
その他 講評 古典研究発表
評価方法 実習状況、作品提出、作品講評を評価
基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の最低条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」優れたものを「優」特に優れたものを「秀」とする。
教科書等 カンナ制作のための金属、炭等は指定された業者より各自購入。
木材は工房費にて支給。ただし、作品1点を工房に寄贈することを条件とする。寄贈しない場合は各自にて材料を購入。
担当者プロフィール 大塚智嗣:専門領域は漆を中心とした造形表現を行う。漆を通した表現を主体に工芸、デザイン、現代美術、クラフト等枠にとらわれない多角的な造形表現を研究している。
藤本悟:宮島細工伝統工芸士、育英文化振興財団県民文化奨励賞受賞、中国経済産業局長表彰(功労賞)、経済産業大臣表彰等
備考