科目名 造形実習ⅢA
単位数 6.0
担当者 教 授 倉内 啓
准教授 野田睦美
履修時期 前期
履修対象 3年
概要 染織の基礎技術の応用と展開を図り、染・織それぞれの分野での技術・素材・知識に対する専門性を深める。(実習)


科目の到達目標 <染実習>型染の技法を学び、糊防染と型による模様の創り方を修得し、浴衣制作を通じ着物制作の基本についての知識を身につける。
<織実習>それぞれの織の技法を学び、経糸と緯糸の構築による模様の創り方を修得し、浴衣帯の制作を通して表現の可能性を探る。織機を使用して組織織による模様の創り方を修得し、表現の可能性を探る。





受講要件 2年次までの専門科目を履修していること。
自主性を持って積極的に課題に取り組むことが望ましい。
事前・事後学修の内容 課題に関連する図書や展覧会等を通し、それぞれの作家の表現や技法について調べること。
講義内容 <染実習> 
 (倉内 教授) 
  1.型染の基礎知識 
2.取材→スケッチ,エスキース→図案(草稿)
  3.型彫り 
  4.地張り→糊置き
5.色さし
  6.定着→水元
7.仕立て(浴衣縫製:特別講師)

<織実習>
 (野田 准教授)
  8.織の基礎知識(野田講師)
  9.取材→エスキース→図案
  10.織物設計図を作成
  11.経糸と緯糸の精練および漂白→糸染め
  12.整経→筬通し→綜絖通し→タイアップ
  13.試織→製織
  14.仕立て(浴衣帯)

<講評>
  15.合同講評(染織造形教員) 
   2つの課題の実作品等を展示し制作のプロセス等について講評を行なう。

         

  
評価方法 実習作品の提出および作品のプレゼンテーション(講評日)を担当の教員が点数化し評価する。
作品提出することを単位取得「可」の最低条件とし、造形力、技術力のある完成度の高い表現を「良」、優れたものを「優」、特に優れているものを「秀」とする。
教科書等 各々の課題に応じて参考資料等、随時配布又は紹介する。
担当者プロフィール 倉内 啓 (染作家)
野田睦美(織作家)
備考 各課題は提出日時を厳守し、講評日は参加すること。