科目名 造形実習ⅢB
単位数 6.0
担当者 講師 有持 旭、 教授 笠原 浩
履修時期 3年次後期
履修対象
概要 (メディア)映像メディアイベントを共同制作として、その企画・実行を課題として課す。
後半には各自の方向性を見定める為に、指導教員とのディスカッションに重点を置き各自の定めた制作テーマによる実制作に取り組む。また各自の制作スタイルの確認のためのドキュメント(ポートフォリオ制作)を並行して進める。
科目の到達目標 (メディア)空間における映像演出の可能性を探る課題を課し映像媒体の拡大を図る。
またネットワークの社会的背景を充分に考慮して自己の立脚点を見つめ、制作意図を明確にして作品制作の方向性を探り、個性的な表現方法を発見する。
受講要件 デザイン工芸学科2年次までの専門科目および造形実習ⅢAを履修済みであること
事前・事後学修の内容 ・関連する展覧会,催しへの参加。
・映像作品の視聴。
講義内容 (メディア);<空間映像映像演出課題>
1~企画検討
2~3 準備・素材制作
4~ 実行・本番
5~レポート提出
<メソッド研究課題 1 >
8:研究計画~検討・指導
9:プロット提出
10:実制作~中間検討会
<メソッド研究課題2 >
11:研究計画~検討・指導
12:プロット提出
〜15:実制作,ドキュメント提出
評価方法 課題提出を最低条件とし,それを「可」とする。それに加え指導内容の反映,制作における計画性、表現の豊かさ、発展性等を総合的に評価し点数化したものを加点して「良」,さらに優れた表現をしたものに「優」,特に優れた表現をしたものを「秀」とする。
教科書等 各制作に応じて参考資料等、適時配布又は紹介する。
担当者プロフィール
備考