科目名 造形実習ⅢB
単位数 6.0
担当者 教 授 倉内 啓
准教授 野田睦美
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 染織の基礎技術の応用と展開を図り、個々の創作に対する意識の向上と創作表現に必要な技法のクオリティーの向上を目指す。(実習)
科目の到達目標 <自立プロジェクト制作>架空のブランドを設定し商品企画から販売までのプロセスを通じ、モノづくりのシステムについて関心を高める。
<共生プロジェクト制作>共通のテーマに応じた共同制作を通し、作品を展示・プレゼンテーションすることで表現の幅を広げる。コンセプトからプレゼンテーションに及ぶグループでの作品制作のプロセスの中で、制作と発表の幅を広げていく。
受講要件 2年次までの専門科目及び造形実習ⅢA(染織造形)を履修していること。
計画性を持って積極的に課題に取り組むこと。
事前・事後学修の内容 課題に関連する図書や展覧会等を通じ自己意識を確立させ、制作後は作品の記録とプロセスをまとめること。(ポートフォリオの作成)
指導教員と相談の上、計画書を作成し制作を行なうこと。
講義内容 <自立プロジェクト制作>
  1.リサーチ  
  2.コンセプト(ブランドイメージ作成)
  3.素材・技法等研究 
  4.中間プレゼン 
  5.試作→制作(商品、ロゴマーク、タグ、店舗装飾等) 
6.広報→展示販売(プレゼンテーション)
7.撮影→レポート(報告書)
<共生プロジェクト制作>
  8.共同テーマ研究 
9.取材、コンセプト作成 
  10.素材・技法研究 
11.中間プレゼン 
  12.試作→制作
  13.展示(プレゼンテーション)
14.講評
  15.撮影→レポート(報告書)
評価方法 実習作品の提出および作品のプレゼンテーション(講評日)を染織造形の教員が評価する。
作品提出することを単位取得「可」の最低条件とし、コンセプト、造形力及び技術力のある完成度の高い表現を「良」、優れたものを「優」、特に優れたものを「秀」とする。
また、作品の写真・レポートの提出を課す。
教科書等 各々の課題に応じて参考資料等、随時配布又は紹介する。
担当者プロフィール 倉内 啓 (染作家)
野田睦美(織作家)
備考 講評日(プレゼンテーション)には、必ず参加すること。