科目名 造形実習ⅢB
単位数 6.0
担当者 講師 古堅太郎
履修時期 後期
履修対象 3年次
概要 各個人の特性に合わせた専門的な知識を学び、制作や展示を通じて各分野で実践的に通用する知識と能力を身につける。
科目の到達目標 ◎現代表現では美術作家に加え、キュレーターやアートマネージャーなど美術作家以外の人材育成にも力を注いでいる。本科目では、造形実習IIA、Bで得た基礎的な知識をもとに、自身の特性に合った専門を選択し、その分野における専門的で実践的な知識を獲得する。
◎学内だけの評価ではなく、コンペに応募するなど、作品を積極的に学外へプレゼンテーションしていく。また実際の展示の企画、運営などを通じて実践的な知識と経験を獲得する。
受講要件 2年次までの専門科目の単位を修得していること
事前・事後学修の内容 彫刻概論も合わせて受講することが望ましい。美術館やギャラリー、アートプロジェクト、アーティストトーク、ワークショップなど興味のある作家や展示を積極的に訪れること。また、インターンなど学外の活動にも積極的に参加すること。
講義内容 課題で制作した作品はもちろん、制作過程のスケッチやアイデアなどもできるだけ記録すること。特に作品展示は高画質の写真や映像などで記録しておくこと。3年次の後期には記録写真などをポートフォリオとしてまとめる。

1.「オリエンテーション」
2.「テーマ研究」
2-1. テーマの解釈
2-2. コンセプトをまとめる
2-3. 制作
2-4. 展示
2-5. ドキュメンテーションをまとめる

※課題の内容・数・実施順序などについては、科目の到達目標により適した形で変更や改善を行う可能性があります。
評価方法 主に提出された作品とプレゼンテーションによって審査する。特に以下の点に注目し採点する。
◎作品や企画のアイデアやコンセプトの着眼点、内容、斬新さ
◎制作過程における手法、アイデアやコンセプトとの組み合わせ方
◎企画・作品・展示・プレゼンテーションの完成度
教科書等 各課題において必要な資料等を随時配布または提示する
担当者プロフィール 古堅太郎(現代表現領域 講師)
備考 なし