科目名 造形実習ⅢB
単位数 6.0
担当者 責任者 教授:永見 文人、 教授:南 昌伸
履修時期 後期
履修対象 金属造形分野3年生
概要 造形実習ⅢAまでに習得した表現技法を基に、各自のテーマに沿って作品制作する。各自の制作の立案の検証と作品の展開を重ねながら課題制作を完成させる。また、成果は学内での展示発表を行う。
科目の到達目標 各自のテーマ課題に対する自己の立案を細かく検討するとともに、作品の展開から完成、作品展示までを計画的に遂行できる知識と能力を身に付ける。また、コンセプトと作品展開との整合性をはかりながら作品としての完成度を高めて行く。
制作のまとめとして、課せられた学内展示に向け、展示方法を含めたプレゼンテーションの準備を行う。
受講要件 3年次前期までの専門科目の単位を修得していること。
事前・事後学修の内容 始業時間に遅れないこと。大切な説明が必ず始業時に行われる。習得した技術や表現方法を最大限に活かして自分独自の表現へと導ける様、関係書籍等からも、調査・研究すること。
講義内容 1. 各自のテーマに沿った立案のプレゼンテーション【南・永見】
2. 材料・技法研究(制作関連材料と加工技術等の研究)
3. 材料・技法研究(制作関連材料と加工技術の研究)
4. 試作・マケット等の制作
5. プレゼンテーションと最終アイデアスケッチの提出
6. 実制作
7. 〃 (作品素材の選定確認と修正)
8. 〃 (表現を踏まえた素材と加工の研究)
9. 〃 (理論を踏まえた造形表現)
10. 中間発表(完成予想図の提出と理論の検証)
11. 実制作 (全体像把握のための仮組と検証)
12. 〃  (パーツごとの完成に向けて)
13. 〃 (作品完成に向けた表現とコンセプトの最終確認)
14.    (作品完成、作品提出)
15. 公開展示の準備 、公開展示、講評
評価方法 各自のテーマに対する、作品制作とコンセプトの構築に整合性が取れていることと、完成作品の完成度を総合的に評価する。
作品提出をする事を単位取得「可」の最低条件とし、完成度の高い作品を「良」、
独創性に優れたものを「優」とする。完成度と独創性共に極めて優れた作品を「秀」とする。各単元の受講状況と作品評価との総合点で評価する。
教科書等 教科書:特になし
参考資料:項目ごとに適宜資料を配布する。
担当者プロフィール 専門は金属工芸である。材料、技術の可能性を常に意識しながら工芸、金属造形の分野において研究・作品発表を行っている。
備考 ・中学校一種免許(美術)必修科目
・高校一種免許(美術) 必修科目
・高校一種免許(工芸) 必修科目