科目名 造形実習ⅢB
単位数 6.0
担当者 准教授 大塚智嗣
履修時期 後期
履修対象 3年
概要 造形実習ⅢAの轆轤制作した作品を仕上げる(木地見せ、漆塗りなど)
漆造形の表現技法ある乾漆の制作をおこなう
科目の到達目標 基本的な乾漆の技術を身につけるとともに、漆の造形的展開、及び新たな漆の可能性を追求する。
受講要件 デザイン工芸学科2年次までの専門科目を履修済みであること
事前・事後学修の内容 漆分野での基礎的な造形力、技術の習得は毎回異なった指導を行います。
講義内容 1:乾漆講義
2:デザイン 
3:プレゼンテーション
4:乾漆制作 原型
5:乾漆制作 石膏
6:乾漆制作 離形
7:乾漆制作 漆造形(布貼り)
8:乾漆制作 漆造形(塗り、加飾等)
9:古典研究発表
10:轆轤摺り、塗り工程講義
11:轆轤摺り工程実習
12:轆轤摺り工程実習
13:轆轤塗り工程実習
14:轆轤塗り工程実習
15:講評
 

※乾漆講義後の工程は各自自由に表現する。
※摺り漆講義後の工程は各自自由に表現する。

評価方法 実習状況、作品提出、レポート提出、作品講評を評価
基礎的な表現技術を修得し、作品提出することを単位取得「可」の最低条件とする。さらに作品に感性の豊かさや表現の的確さが認められるものを「良」優れたものを「優」特に優れたものを「秀」とする。
教科書等 必要に応じて配布する。
担当者プロフィール 大塚智嗣:専門領域は漆を中心とした造形表現を行う。漆を通した表現を主体に工芸、デザイン、現代美術、クラフト等枠にとらわれない多角的な造形表現を研究している。
備考