科目名 造形研究(演習)
単位数 12.0
担当者 講師 藤江 竜太郎
履修時期 通期
履修対象 4年
概要 (立体造形)
「授業形態:実習」
学部在学中における習得した成果を卒業制作にむけ制作および公開展示にむけた計画を具体化する。
科目の到達目標 (立体造形)各自のテーマに対し、その実現に必要な技法、素材、実験、さらにはすでに先行している公開作品例の検討を通じ、高い次元での制作とプレゼンテーションができるようになる。
受講要件 (立体造形)3年次の必修単位である「造形実習ⅢA」、「造形実習ⅢB」、「テーマ制作」を履修済みであることに加え、90単位以上を習得していること。
事前・事後学修の内容 (立体造形)関連するテーマの調査を行い、ファイルに整理をすること。
講義内容 卒業制作に向けた個別のテーマに対し、技法、素材、実験を踏まえたディスカッションを繰り返す。
評価方法 (立体造形)「平常点」と提出された実作品とポートフォリオ、講評時の作品のプレゼンテーションを点数化し評価する。
作品提出することを単位取得「可」の最低条件とし、コンセプト、独創性、完成度の高い表現を「良」、さらに優れたものを「優」、さらに秀でたものを「秀」とする。
教科書等 (立体造形)必要に応じて資料を配布する。
担当者プロフィール 教授 吉田 幸弘
講師 藤江 竜太郎
備考