科目名 造形研究(演習)
単位数 12.0
担当者 教授 鰕澤 達夫 
履修時期 通年
履修対象 4年
概要 現代表現領域、学部の集大成として、卒業制作の準備、制作を行うと同時に、
インスタレーション、ドキュメンテーション、アーティストブックについても
思考、制作する
科目の到達目標 作品制作、作品の記録としての写真撮影からドキュメンテーションの制作、アーティストブックの制作をトータルに行なう事で、自身の特性に合った専門的で実践的な知識を習得する
受講要件 3年次終了時で実技の単位が履修済みであること
事前・事後学修の内容 個々が、いままでの実技課題を振り返り、自身の特性に合った作品形態を考え、
表現すべき内容が何なのか?を今一度思索する事
講義内容 ○卒業制作に向けての準備として
・現代作家のリサーチ
・作品コンセプトの構築
・マテリアルの決定
・インスタレーションの方法
・ドキュメンテーションのまとめ
・ポルトフォリオ、アーティストブックの制作


評価方法 ○作品、企画のコンセプトの斬新さ
○制作過程での手法、アイデアの面白さ
○作品、インスタレーションの完成度
教科書等 なし
担当者プロフィール 鰕澤達夫 現代美術家 アートディレクター 現代表現領域 教授
備考