科目名 卒業制作(演習)
単位数 12.0
担当者 (視覚)教授 及川 久男,講師 中村 圭/(立体)教授 吉田 幸弘,講師 藤江 竜太郎/(現代表現)教授 鰕澤 達夫, 講師 古堅 太郎/(メディア)教授 笠原 浩,講師 有持 旭/(金属)教授 南 昌伸,教授 永見 文人/(漆)准教授 大塚 智嗣, 講師 青木/(染織)教授 倉内 啓,講師 野田睦美
履修時期 通期
履修対象 4年
概要 本卒業制作を履修することにより、デザイン、工芸、現代表現領域における3ヶ年の実習、制作活動を集大成する。制作およびその成果の発表をすすめ、自らの創作活動と社会へのメッセージの発信を確認する。
科目の到達目標 制作を通じて感性、知性、品性に磨きをかけ、より高次の創作基盤を身につける。
受講要件 3年次の終了時での履修すべき必修講義、および造形実習の前提として90単位以上を満たしておくことが本卒業制作の履修にかかる要件である。
事前・事後学修の内容 創造的な成果をめざしその達成を心がけること。
事故が無いよう自己管理を心がけること。
各自スケジュールを設定し、制作に集中できない状況を排除すること。
講義内容 領域、分野において卒業制作内容が異なるが、概ね次の段階を経て最終的に卒業制作展にて発表を行う。また分野ごと適時中間チェックを行う
【前期】
1.テーマ設定のための調査
2.テーマ設定における背景、分析
3.テーマにおける造形概念の形成
4.アイデアの展開(スケッチ、モデル作成等)
5.アイデアの収斂
6.中間発表(プレ卒制展等)
【後期】
1.具現化に向けての設計
2.実制作
3.検証とリファイン
4.仕上げ
5.作品の撮影、ドキュメント作成
6.学内展示での採点、講評
7.卒業制作展に向けての展示計画
8.卒業制作展で発表
評価方法 卒業制作作品の提出、および作品のプレゼンテーション(講評日)を全員の教員が評価する。
作品提出することを単位取得の最低条件とし、コンセプトや造形力及び技術力のある完成度の高い表現を(良)、優れたものを(優)とし、特に優れているものを(秀)とする。
また、卒業制作展での作品の展示および作品記録を課す。
教科書等 領域、分野別に指示。
担当者プロフィール (立体)教授 吉田 幸弘,講師 藤江 竜太郎/(視覚)教授 及川 久男,講師 中村 圭/(現代表現)教授 鰕澤 達夫/(メディア)教授 笠原 浩,講師 有持 旭/(金属)教授 南 昌伸,教授 永見 文人/(漆)准教授 大塚 智嗣/(染織)教授 倉内 啓, 講師 野田睦美
備考