科目名 国際協力論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 吉田 晴彦
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 平和を構築するための協力という視点から、国際政治、国際協力に関する基本的な知識を習得する。通常の講義に加え、文献、資料を輪読し、議論を交わしながら理解を深めてもらう。
科目の到達目標 グローバル化する国際社会に必要とされる国際協力とはどのようなものか、自ら考え、対処していくための能力を養う。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 指示された資料・文献を熟読し、講義に備えるとともに、関連する資料についても自ら積極的に探し出すこと。
講義内容 1:ガイダンスとイントロダクション
2:国際協力とは何か
3:国際協力はなぜ必要か
4:国際協力と国際関係論(1)
5:国際協力と国際関係論(2)
6:国際協力と国際関係論(3)
7:国際協力とアクター(1)国家
8:国際協力とアクター(2)国際機関
9:国際協力とアクター(3)NGO、企業
10:国際協力のあゆみ(1)戦後世界と国際協力
11:国際協力のあゆみ(2)南北問題の発見と国際協力
12:国際協力のあゆみ(3)冷戦化の国際協力
13:国際協力のあゆみ(4)南北対立と国際協力
14:国際協力というジレンマ
15:まとめ

評価方法 講義におけるプレゼンテーション、ディスカッション内容などの平常点を中心に採点を行う。必要に応じてレポートが課される。
教科書等 勝間靖・戸田真紀子・三上貴教編『国際社会を学ぶ』晃洋書房
中村都編『国際関係論へのファーストステップ』法律文化社
松尾雅嗣・小柏葉子編『アクター発の平和学』法律文化社
吉川元編『国際関係論を超えて』山川出版社
S.J.Tisch & M.B.Wallace, Dilemmas of Development Assistance, Westview.
担当者プロフィール 国際関係論、特に政府レベルおよび市民レベルの国際協力の問題について研究しています。著書に『国際社会を学ぶ』(共著、晃洋書房)、『国際関係論へのファーストステップ』(共著、法律文化社)、『なぜ核はなくならないのか』(共著、法律文化社)、『マイノリティの国際政治学』(共著、有信堂)、『国際関係論を超えて』(共著、山川出版社)、『アクター発の平和学』(共著、法律文化社)、『現代アジアの変化と連続性』(共著、彩流社)など。
備考