科目名 国際協力論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 吉田 晴彦
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 主に国際開発協力の問題について考える。文献、資料を輪読し、議論を交わしながら理解を深めてもらう。
科目の到達目標 国際協力の抱える政治・経済、社会的問題について、理論と現実の双方から検討し、対処する能力を養う。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 文献を読みこなす能力だけでなく、その内容を他人に説明するプレゼンテーション能力、有意義に議論を進めていくためのディスカッション能力も重要な評価ポイントとしますので、その旨留意して準備を行うこと。
講義内容 1 ガイダンスとイントロダクション
2 80年代の国際協力:相互依存の時代
3 90年代の国際協力:冷戦終結との国際協力
4 21世紀の国際協力(1)
5 21世紀の国際協力(2)
6 国際協力と開発(1)
7 国際協力と開発(2)
8 国際協力と環境問題(1)
9 国際協力と環境問題(2)
10 国際協力と人権(1)
11 国際協力と人権(2)
12 国際協力と平和(1)
13 国際協力と平和(2)
14 国際協力のこれから
15 まとめ
評価方法 講義におけるプレゼンテーション、ディスカッションなどの平常点を基本とする。必要に応じてレポートが課される。
教科書等 必要な文献を講義の中で指示する。
担当者プロフィール 国際関係論、特に政府レベルおよび市民レベルの国際協力の問題について研究しています。著書に『国際社会を学ぶ』(共著、晃洋書房)、『国際関係論へのファーストステップ』(共著、法律文化社)、『なぜ核はなくならないのか』(共著、法律文化社)、『マイノリティの国際政治学』(共著、有信堂)、『国際関係論を超えて』(共著、山川出版社)、『アクター発の平和学』(共著、法律文化社)、『現代アジアの変化と連続性』(共著、彩流社)など。
備考