科目名 東北アジア政治論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 金栄鎬
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 比較政治研究の諸概念と方法を踏まえ、受講生の関心にしたがってケースを取り上げて議論を深める。
科目の到達目標 テーマとテキストにしたがって設定します。
受講要件 各自が研究するケースを分析するのにふさわしい方法を意識して出席してください。
事前・事後学修の内容 適宜、文献を指定するか、コピーを配布します。
講義内容 1 講義の進め方
2 比較政治学の論点①:方法
3 同上②:対象
4 同上③:データ
5 現代韓国・朝鮮研究①:旧植民地
6 同上②:国家分断と冷戦
7 同上③:権威主義政治体制
8 同上④:体制移行
9 同上⑤:社会運動
10 同上⑥:冷戦後
11 比較分析①:国家と社会
12 同上②:民主体制の移行と定着
13 同上③:デモクラシーの諸類型
14 同上④:ナショナリズム
15 まとめ
評価方法 発表と討論への参加。
教科書等 さし当たり参考文献は以下の通り。
小野耕二『比較政治』(東京大学出版会、2001年)
新川敏光・大西裕編著『世界政治叢書 日本・韓国』(ミネルヴァ書房、2008年)
Lichbach and Zuckerman eds., Comparative Politics, Cambridge UP, 1997
担当者プロフィール 専攻は、政治学・国際関係、現代韓国朝鮮研究。近年は、南北朝鮮関係、日韓関係、分裂国家ナショナリズムなどを研究している。著書に、『日韓関係と韓国の対日行動』(彩流社、2008年)、論文に「韓国の政権交代と対日政策」(国際政治、2014年)、「南北朝鮮関係と中国・台湾関係」(広島国際研究、2009年)など。
備考