科目名 東北アジア政治論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 金栄鎬
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 対外政策研究の諸論点を踏まえ、受講生の関心にしたがってケースを取り上げて議論を深める。
科目の到達目標 テーマとテキストにしたがって設定します。
受講要件 各自が研究するケースを分析するのにふさわしい方法を意識して出席してください。
事前・事後学修の内容 適宜、文献を指定するか、コピーを配布します。
講義内容 1 講義の進め方
2 対外政策論の論点①:方法
3 同上②:対象
4 同上③:資料とデータ
5 朝鮮半島の国際政治①:脱植民地化
6 同上②:分断と戦争と冷戦
7 同上③:分裂国家のナショナリズム
8 同上④:安全保障のジレンマ
9 同上⑤:歴史認識
10 比較分析①:旧宗主国関係
11 同上②:冷戦と安全保障
12 同上③:開発と相互依存
13 同上④:政府・体制・国家
14 同上⑤:多国間主義と地域協力
15 まとめ
評価方法 発表及び討論への参加。
教科書等 さし当たり参考文献は以下の通り。
岩田一政他編『国際関係研究入門(増補版)』(東京大学出版会、2003年)
須藤季夫『国家の対外行動』(東京大学出版会、2007年)
Alagappa, Muthiah ed., Asian Security Order, Stanford UP., 2003
担当者プロフィール 東北アジア政治論Iを参照。
備考