科目名 東北アジア国際関係論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 広島平和研究所 准教授 孫 賢鎮
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1・2年
概要 東北アジア地域国家間の諸問題について履修生の研究テーマや関心事項を中心に議論する。授業は主に講義と演習を中心に行う。演習は履修生各自が関心を持つテーマにを決めて発表する。
科目の到達目標 東北アジアの諸問題について幅広い検討して、他国の立場で国際関係を考えることで批判的思考を養う。履修生の個々が関心を持つテーマについて自主的発表し、討論することによって幅広い国際感覚を身に付ける。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 セミナー形式なので、事前にテーマを決めて発表して、他の学生はディスカッションをすることが求められます。
事前に関連する新聞記事を読んだり、国際関連ニュース、インターネットを検索して準備する。
講義内容 1 講義の進め方(准教授 孫賢鎮) 
2 東北アジアの地域の諸問題(准教授 孫賢鎮)
3 東北アジアの紛争概要①(准教授 孫賢鎮)
4 同上②
5 同上③
6 朝鮮半島の国際関係①(准教授 孫賢鎮)
7 同上②
8 同上③
9 東北アジア地域の多国間安保①(准教授 孫賢鎮)
10 同上②
11 同上③
12 東北アジアの平和構築①(准教授 孫賢鎮)
13 同上②
14 同上③
15 まとめ
評価方法 出席、報告と討論への参加
教科書等 特になし。
担当者プロフィール 専攻は、国際法・国際関係である。研究テーマは北朝鮮の核兵器問題、北朝鮮による拉致問題など北朝鮮の諸問題である。
備考