科目名 経済政策論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 准教授 高橋 広雅
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 ゲーム理論とは意思決定主体間に相互依存関係がある状況を分析する学問です。
経済学や経営学など広く応用されています。尚、演習形式の授業となります。
科目の到達目標 ゲーム理論の基本的な考え方を学ぶことをとおして、人と人との相互依存関係が社会にどのような状況をもたらすか考える。
受講要件 なし
事前・事後学修の内容 毎回、テキストを読んで予習しておく。
報告がある場合はしっかりと準備しておく。
普段からテーマに関係のある情報を収集する。
講義内容 1 イントロダクション
2 ゲーム理論の見取り図
3 完備情報の戦略形ゲーム
4 完全情報の展開形ゲーム
5 完備情報ゲームの発展と応用
6 不完全競争市場とゲーム理論
7 混合戦略とゲーム理論
8 一般の展開形ゲーム
9 時間経過と長期的関係のゲーム理論
10 不確実性とゲーム理論
11 不完備情報の戦略形ゲーム
12 不完備情報の展開形ゲーム
13 協力ゲームの理論
14 ゲーム理論のフロンティア
15 まとめと復習
評価方法 出席状況、レポートの提出等を総合して評価します。
教科書等 別途提示する。
担当者プロフィール 専攻:マクロ経済学、経済成長論、経済政策論
備考