科目名 比較国際教育学
単位数 2.0
担当者 准教授 卜部匡司
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 比較国際教育学の知見を手がかりに、グローバルな視点から「教育」を把握するとともに、「教育」を通して世界の国ぐにや地域を理解しようとする。各国の教育制度や学校文化に関する理解を深め、教育改革の世界的動向について考察する。
科目の到達目標 比較国際教育学研究の方法を活用しながら「教育」に関する比較文化論的な洞察力を身につけるとともに、比較国際教育学に関連する文献を精読することで、教育現象をグローバルな視点から把握し吟味するための方法や思考様式を習得する。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 授業に関連する専門書や文献を熟読する。また、英語または現地語で文献を読み、不明な点については、現地の政府機関等のホームページなどで最新情報の収集と分析を行う。
講義内容 第1回:比較国際教育学の学問領域とその歴史
第2回:現在の比較国際教育学の研究動向
第3回:政策研究と比較国際教育学
第4回:グローバル人材の育成と比較国際教育学
第5回:開発教育およびESDと比較国際教育学
第6回:平和教育(ヒロシマ)と比較国際教育学
第7回:比較国際教育学における研究方法論
第8回:比較国際教育学における歴史研究
第9回:比較国際教育学における解釈学的研究
第10回:比較国際教育学における経験科学的研究
第11回:比較国際教育学における批判理論的研究
第12回:比較国際教育学における分析哲学的研究
第13回:比較国際教育学におけるシステム論的研究
第14回:比較国際教育学における脱構築論的研究
第15回:教育改善に向けた比較国際教育学の貢献
評価方法 成績評価は、次の方法で行う。
①課題の発表(85%)
②討議への参加状況(15%)
教科書等 教科書は使用せず、資料を随時配布する。参考書については、随時必要に応じて紹介する。
担当者プロフィール 専門分野は比較国際教育学(比較教育文化論)です。ドイツをフィールドに研究しています。
備考