科目名 持続可能な開発のための教育(ESD)論
単位数 2.0
担当者 准教授 卜部匡司
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 ESD(持続可能な開発のための教育)の基本的概念や歴史的経緯を学ぶとともに、「国連ESDの10年」をはじめ、SDG’s(持続可能な開発目標)およびGAP(グローバル・アクション・プログラム)など、ESDの推進プログラムとその背景にある理論的基盤を理解する。国連(ユネスコ)をはじめ、各国政府やNGO等によるESDの取り組みに関する事例を考察し、今後のESDの実践モデルについて考える。
科目の到達目標 わが国政府の国連提案でESDが始まった経緯を理解し、環境教育および開発教育の知見を手がかりに、ESDの実践事例を学問的に分析できるようになる。さらに、現代の世界情勢を踏まえながら持続可能な社会づくりに貢献するESDの実践プログラムを開発する。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 授業に関連する専門書や文献を熟読する。また、英語で文献を読み、不明な点については、国連や各国政府、NGO等のホームページなどで最新情報の収集と分析を行う。ユネスコスクール等の各学校、地域のユネスコ協会、環境NPOなど、地域のESD推進団体と協力しながら、ESDの推進に取り組む。
講義内容 第1回:ESD(持続可能な開発のための教育)とは
第2回:国連ESDの10年(DESD: 2005-2014年)
第3回:持続可能な開発目標(SDG’s)
第4回:環境教育を基盤としたESDの取り組み
第5回:開発教育を基盤としたESDの取り組み
第6回:国際理解教育を基盤としたESDの取り組み
第7回:市民性(シチズンシップ)育成教育を基盤としたESDの取り組み
第8回:平和教育(ヒロシマ)を基盤としたESDの取り組み
第9回:ESD実践の評価モデル(ESDの三角形)
第10回:日本政府およびユネスコ国内委員会のESD推進施策
第11回:NGO/NPO等の民間団体によるESD推進の取り組み
第12回:ユネスコスクールによるESD推進の取り組み
第13回:ESDで大切とされる6つの概念と7つの能力
第14回:今後のESDの実践に貢献する教材開発
第15回:今後のESDに貢献する実践教材案の発表
評価方法 成績評価は、次の方法で行う。
①課題の発表(85%)
②討議への参加状況(15%)
教科書等 教科書は使用せず、資料を随時配布する。参考書については、随時必要に応じて紹介する。
担当者プロフィール 専門分野は比較国際教育学(比較教育文化論)です。ドイツをフィールドに研究しています。
備考