科目名 情報メディア論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 井上 泰浩
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要  新聞、テレビ、インターネット、広告などのメディアが社会、政治、経済活動、また人間の意識や行動などに及ぼす影響を科学的に分析理解することは、これからの情報社会で活躍していく上で不可欠のものだ。ひとつの理由は、情報通信技術(ICT)の発展により、メディアの影響力が強まり、影響が及ぶ範囲も飛躍的に広がっていることが挙げられる。例えば、国境を自由に越えて流通する情報が経済、外交、文化に及ぼすダイナミズムを研究する国際コミュニケーションは、グローバル化が課題となっている現代社会にとって最重要テーマのひとつだ。以上の社会情勢等を踏まえ、情報メディア論Aではメディアと人間、社会、政治などに関する理論を学ぶ。
科目の到達目標 科学的に社会現象を分析、また、将来予測ができるようにするため、社会科学の研究分析手法(統計分析、内容分析などの社会調査)を同時に身に着けること目指す。
受講要件 新聞、テレビ、音楽、映画、そしてインターネットに興味を持っていると同時に、社会科学の分析手法を身につける、もしくは、さらに伸ばそうという目標を持つこと。
事前・事後学修の内容 社会、政治、また経済活動とメディアがどのように関わり、影響を与えているかについて常に自分なりの分析と解釈をしようと努めること。
講義内容  メディアの暴力の影響(涵養理論)、議題設定理論、革新・ニュース伝播理論、キャンペーン法、説得法、インターパーソナル・コミュニケーション理論などメディア(新聞、テレビ、広告など)と社会、政治、人間コミュニケーションに関する理論全般を、実証研究例を示しながら考察する。具体的な項目は以下の通り。

・ メディアによる人間の認知、行動への影響に関する理論

・ メディアが政治的行動に影響を及ぼす理論

・ プロパガンダに関わる人間行動理論

・ メディアのコンテントの決定要因の理論

・ メディアと外交政策に関する理論
評価方法 毎回のディスカッション・プレゼンテーションとペーパー(小論文)
教科書等 井上泰浩『メディアリテラシー 媒体と情報の構造学』日本評論社。また、プリントを配布するとともに、受講生の目的にあった参考書を指定する。
担当者プロフィール 全国紙記者を経てミシガン州立大学でマスメディア学の博士号を取得。専門は、メディアの影響・心理学(テレビや広告などのメディア・コンテントが人間のイメージ形成や行動にどのような影響を与えるかなど)、国際コミュニケーション(メディアによる情報の世界流通が政治や文化にどのような影響を及ぼすか)、政治コミュニケーション(キャンペーンや情報操作による政治や外交の問題など)、ジャーナリズムなど、幅広く取り組んでいます。現在の研究テーマは、原爆投下の国際報道比較、ソーシャルメディアと社会変化など。
備考