科目名 情報メディア論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 井上 泰浩
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 情報メディア論Aで学ぶ人間の認知や行動に影響を与えるメディアの理論や、社会現象を引き起こすメディアの理論を踏まえ、国際報道、テレビ、映画をはじめ、先端メディアを介する情報がなぜ、どのような過程で世論形成や異文化コミュニケーションに影響を与えるのか。また、政策決定にメディアが果たす役割や、プロパガンダはどのように行われるのか、インターネットなど情報通信技術の影響といった実社会での例を考察する。さらに、メディア理論の様々な分野での応用法を学ぶ。A、Bの受講により、メディアに流れる情報を読み解き実践に応用するメディア・リテラシー能力を高めることも目的のひとつ。
科目の到達目標 科学的に社会現象を分析、また、将来予測ができるようにするため、社会科学の研究分析手法(統計分析、内容分析などの社会調査)を同時に身に着けること目指す。
受講要件 新聞、テレビ、音楽、映画、そしてインターネットに興味を持っていると同時に、社会科学の分析手法を身につける、もしくは、さらに伸ばそうという目標を持つこと。
事前・事後学修の内容 社会、政治、また経済活動とメディアがどのように関わり、影響を与えているかについて常に自分なりの分析と解釈をしようと努めること。
講義内容 メディア理論を包括的に理解した上で、以下の項目の実証例を考察する。また、メディア理論を使い、受講生が興味を持った社会現象を読み解く試みも行う。
・ 政治家のイメージ戦略と実例
・ 外交の舞台で繰り広げられるメディア戦略
・ マスコミ報道による世論形成の構造
・ 戦時中のプロパガンダ戦略の実例
・ 広告会社のメディア戦略の手法
・ インターネットなど情報通信技術がもたらす社会、政治変革
・ テレビがつくる社会事象の概念、外国のイメージ
評価方法 毎回のディスカッション・プレゼンテーションとペーパー(小論文)
教科書等 井上泰浩『メディアリテラシー 媒体と情報の構造学』日本評論社。また、プリントを配布するとともに、受講生の目的にあった参考書を指定する。
担当者プロフィール 全国紙記者を経てアメリカの大学院でマスメディア学の博士号を取得。専門は、メディアの影響・心理学(テレビや広告などのメディア・コンテントが人間のイメージ形成や行動にどのような影響を与えるかなど)、国際コミュニケーション(メディアによる情報の世界流通が政治や文化にどのような影響を及ぼすか)、政治コミュニケーション(キャンペーンや情報操作による政治や外交の問題など)、ジャーナリズムなど、幅広く取り組んでいます。現在の研究テーマは、原爆投下の国際報道比較、ソーシャルメディアと社会変化など。
備考