科目名 健康心理学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 山口 光明
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要  健康心理学Ⅰ を踏まえ、「まちの元気づくり」「健康促進のための介入」について、どのようなものが望ましいのか考えるとともに、受講者が取り組みたいまちづくりのプロジェクトに関わっていく。合わせて、テニスなど適度な運動を課していく。
科目の到達目標  まちの健康についても考えていきます。
受講要件  地方創生や幸福論について関心があること。
事前・事後学修の内容  まちを元気づけるプロジェクトに関わります。
講義内容 1〜 4  健康的なまちづくり
5 〜 9 まちづくりプロジェクトの実践
10 〜 11  まちづくりプロジェクトの評価
12 〜 15  テニスのゲーム
評価方法 調査に対する参加度とフィールドワークなどで総合的に評価する。
教科書等 必要な資料等は適宜配布する。
担当者プロフィール 健康心理学専攻。主に健康行動の継続性について研究。近年は「健康づくり」と「まちづくり」をテーマに、個人レベル、地域レベルでのモデル構築に重点を置いている。
備考