科目名 日本国憲法論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 広島平和研究所 准教授 河上暁弘
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1・2年
概要 受講者の研究テーマや関心事項に応じて、日本国憲法(平和・人権・民主主義)に関する理論的・実務的問題を検討・研究する。
基本的には、共通の文献・資料を読み、報告、討論等を通じて、日本国憲法に関する理解を深めるという方法をとることとしたい。
科目の到達目標  法学・憲法学で求められるのは、条文を丸暗記したり、重要単語を覚えたりすることではない。「なぜ人類にとって憲法・法律というものが必要なのか?」、「何のため、誰のためのルールなのか?」ということを常に考えてほしい。
 憲法は、一人ひとりのかけがえのない人権を確実に保障するために、国家(政府機構)を創設し、権限を授権するとともに、その権力行使のあり方に縛りをかける法である。その意味で、為政者・権力担当者がまずもってそれを尊重・遵守することが求められるし、民主主義制度の下では、主権者である国民は、人権侵害や憲法違反が起こらないかについて、常に権力担当者を監視し、批判と参画を通じて、政治を制御することが求められる。こうしたことの意味についてよく理解した上で、あるべき政治や社会のあり方、現実政治の置かれた状況等について、多様な視点から(特に反対意見や少数意見から十分に学び)真摯に考えてほしい。
受講要件 憲法に関する基本的な知識と何よりも憲法問題(平和・人権・民主主義問題)についての関心があることが望ましい。
ただし、もし憲法に関する基礎知識が不足していると感じる受講者やさらに基礎理論を学びたいという受講者は、当科目の履修と同時に、私が学部生向けに開講している、「法学(日本国憲法)」や「現代社会と法Ⅰ・Ⅱ」などの講義に参加して勉強することも可能である。
事前・事後学修の内容 講義において使用する文献は、日本語文献を想定しているが受講者の希望により変更する場合もある。ただし、報告・討論は、基本的に、日本語にて行う。
講義内容 受講者の希望を聞きながら内容を確定させたいと思うが、特に具体的な要望がない場合には、例として、今年度は、次のような分野を検討することを考えてみたい。各1回をめどとして講義や討論を行う。 

「戦後憲法学と平和主義」
1.地球時代における憲法9条
2.日本国憲法の制定過程
3.憲法9条の成立
4.象徴天皇制の成立
5.安保条約の成立
6.憲法前文の平和主義
7.憲法9条の戦争放棄・戦力不保持規定の解釈
8.憲法9条裁判(1)砂川事件
9・憲法9条裁判(2)恵庭事件
10.憲法9条裁判(3)長沼訴訟
11.憲法9条裁判(4)百里基地訴訟
12.憲法9条裁判(5)イラク派遣訴訟
13.憲法9条と安全保障関連法・集団的自衛権行使容認
14.憲法9条の政策論(1)市民自治型平和保障論
15.憲法9条の政策論(2)国際社会と日本の平和協力
評価方法 出席、報告レジュメ作成、報告、レポートを総合的に評価する
教科書等 <教科書>
受講者との相談によって決める。教材は、その都度、指定または事前配布を行いたいと思う。
<参考書>
もし、本年度の内容が上記のような「戦後憲法学と平和主義」となった場合、下記のものが参考となると思われる。図書館等でチェックしておいてほしい。

小林直樹『平和憲法と共生六十年』慈学社、2006年
深瀬忠一『戦争放棄と平和的生存権』岩波書店、1987年
和田英夫・小林直樹・深瀬忠一・古川純『平和憲法の創造的展開』学陽書房、1987年
山内敏弘『平和憲法の理論』日本評論社、1992年
水島朝穂編『立憲的ダイナミズム』岩波書店、2014年
河上暁弘『平和と市民自治の憲法理論』敬文堂、2012年
担当者プロフィール 富山県富山市生まれ。中央大学法学部政治学科卒業、中央大学大学院法学研究科公法専攻博士前期課程修了、専修大学大学院法学研究科公法学専攻博士後期課程修了、博士(法学)。中央大学人文科学研究所客員研究員、明星大学人文学部非常勤講師などを経て、2008年4月より広島市立大学広島平和研究所講師、2014年4月より現職。専門は、憲法学、人権論、地方自治論等。
主著として、河上暁弘著『平和と市民自治の憲法理論』(敬文堂・2012年)、河上暁弘著『日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究』(専修大学出版局・2006年)など。
 その他、担当者の経歴・研究内容等については、広島市立大学広島平和研究所ホームページ(http://serv.peace.hiroshima-cu.ac.jp/)を参照してほしい。
備考