科目名 環境経済学Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 山根 史博
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年生
概要 環境汚染や資源の枯渇、温暖化、種の絶滅などの環境問題は人間の選択行動の結果として生じます。ではなぜ、人はそのような問題を引き起こす選択をするのでしょうか?どうすれば、そのような選択を避けることができるのでしょうか?経済学的な観点から、これらについて演習形式で学んでいきます。
科目の到達目標 ・環境問題と経済とのつながりを明確にする
・環境問題の原因を経済学的に分析する
・環境問題の緩和・解消・改善に向けた諸制度を経済インセンティブの観点から類型化し、それぞれの効果を分析する
受講要件 国際学部のミクロ経済学I・IIを履修していることが望ましい
事前・事後学修の内容 各章の担当者を決め、内容を発表してもらいます。発表者はスライドと配布資料を準備してください。他の受講者には、毎回事前予習し、発表者への質問を考えてきてください。
講義内容 第1回:ガイダンス
第2回:私たちの生活と環境
第3回:外部性と市場の失敗
第4回:共有資源の利用と管理
第5回:公共財とフリーライダー
第6回:直接規制
第7回:環境税と補助金
第8回:直接交渉と排出権取引
第9回:政策手段の選択
第10回:環境の価値
第11回:環境評価手法:堅持選好法
第12回:環境評価手法:表明選好法
第13回:費用便益分析
第14回:生物多様性と生態系
第15回:エネルギー経済
評価方法 平常点、発表内容(質)などを総合して評価します。
教科書等 栗山浩一・馬奈木俊介著『環境経済学をつかむ:第2版』有斐閣、2012
担当者プロフィール 専門:環境経済学、計量経済学、リスク認知学など。
学位:京都大学博士(地球環境学)
備考