科目名 環境経済学Ⅱ
単位数 2.0
担当者 准教授 山根 史博
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年生
概要 環境問題を解決する手段の1つとして、環境評価(環境の経済価値を定量的評価する)があります。実際のデータと統計解析ソフトRを使い、環境評価の手法を実践的に学びます。
科目の到達目標 ・環境評価の手法を習得する
受講要件 国際学部の「基本統計学I・II」か、国際学研究科の「学術研究のための基礎統計」の単位を取得している、あるいは、学部時代に在籍していた大学で統計学・計量経済学の単位を取得していること。また、エクセルも使うが、一通りの基本操作(ショートカットキーなど)が分かっていることを前提に授業を進める。
事前・事後学修の内容 Rの基本操作マニュアルの発表担当者を決め、操作方法を説明してもらいます。受講者は操作方法を忘れないよう、十分復習してください。
講義内容 第1回:ガイダンス
第2回~第6回:Rの基本操作や統計解析への応用について学ぶ
第7回~第14回:ヘドニック価格関数や仮想市場法におけるWTP関数、コンジョイント法における多項ロジット・モデルなどを推定する
第15回:まとめ
評価方法 平常点、レポート課題などを総合して評価します。
教科書等 資料などはこちらで用意します。
担当者プロフィール 専門:環境経済学、計量経済学、リスク認知学など
学位:京都大学博士(地球環境学)
備考