科目名 国際経営論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 李 在鎬(リー・ジェホ)
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 本講義では1994年~1999年までの主流の企業の戦略論の流れについて俯瞰し、それらの議論から得られたインプリケーションを踏まえた上で、日本企業の国際経営について受講生それぞれが一つ以上のテーマを取り上げ、研究報告を行います。
科目の到達目標 国際経営論と国際経営論のベースを成している近年の戦略論の学術的な関連性について理解を深め、今日的な問題意識を導き出し、研究発表できる能力を構築します。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 授業の前に、関連文献を収集し、予習してから授業に臨むことが望ましいです。
また、報告者は人数分配分資料を用意してください。
講義内容 第1週 近年の戦略論の概説とガイダンス
第2週 戦略の創発性
第3週 イノベーションのジレンマ
第4週 ペアレンティング
第5週 資源重視の戦略論
第6週 コーペティション戦略
第7週 戦略の本質
第8週 シナジーと逆シナジー
第9週 成功企業の低迷
第10週~第14週 研究テーマと研究計画の発表、または学外授業
第15週 全体のまとめ
※授業の順序は変更することがあります。
※必要に応じて学外授業や映像資料の鑑賞を実施することがあります。
評価方法 評価の方法:発表(70%)、討論への参加度(30%)
但し、発表は教科書のレビューと研究テーマ報告の2回以上行うこと。
教科書等 教科書は授業の中で指定します。
担当者プロフィール 京都大学大学院経済学研究科修了、博士(組織経営分析)、専門分野は日韓自動車産業のグローバル・サプライ・チェーン・マネジメント論、著書は『ロジスティクス管理』中央経済社、2005年(単著)など。
備考 特になし