科目名 公会計論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 城多 努
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 現在、国や地方自治体の財政危機や行政改革が叫ばれる中、そのためのツールとしての会計システムにも注目が集まっている。この講義では国・地方自治体および非営利組織における、会計とマネジメントについて取り扱う。
科目の到達目標 公会計について理解し、問題意識を養うことを目的とする。
受講要件 財務会計・管理会計の基礎知識があること。
日本の法律・政治についての基礎知識(中・高等学校における公民科目(政治経済、倫政)レベル)があること。
事前・事後学修の内容 発表等の講義の準備はきちんと行うこと。
講義内容 1.公会計の目的・意義
2.公会計と財政
3.予算制度
4.一般会計と特別会計
5.公会計改革
6.独立行政法人・国立大学法人
7.地方自治体の会計(1)
8.地方自治体の会計(2)
9.地方自治体の会計(3)
10.公監査
11.非営利法人会計(1)
12.非営利法人会計(2)
13.プレゼンテーション
14.プレゼンテーション
15.まとめ
評価方法 発表およびレポートによる。
教科書等 追って指示する。
担当者プロフィール 城多 努(きた つとむ)
専門は経営財務、公会計・政府の経営学
備考