科目名 日本文化論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 佐藤 深雪
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 夏目漱石の『坑夫』と芥川龍之介の作品を読む。
科目の到達目標 人間にとって虚構とは何かを作品に即して考える。20世紀初頭の日本の代表的な小説を読むことによって、日本の近代化そして個人主義の起源について理解を深めることが出来ます。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 学期の終わりに2000から3000字程度のレポートを作成する。担当者は担当回について簡単なレジメを用意する。
講義内容 1 基本文献の選択とテーマ細目の決定
2 から14回 演習形式の発表と討議  
     
15 まとめ      
評価方法 学期末のレポートと各時間の発表・討論の平常点
教科書等 夏目漱石・芥川龍之介とも図書館に所蔵がある。文庫本や青空文庫など、手に入りやすいものを用意する。
担当者プロフィール 日本文学・日本文化が専門領域である。人間がさまざまな形式を通して文化に参与する様態について、おもに物語形式を中心に考察している。
備考