科目名 中東イスラーム社会論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 田浪亜央江
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 イスラームを宗教としてだけでなく、非ムスリムをも包括する社会全体を覆うシステムとして捉え、この社会の特性を捉える。前半は国境線による分割以前の社会の記憶を辿り、その可能性を考察することを通じて、この地域の混迷状況の起源としての諸国家体制を再考する。後半は社会システムとしてのイスラームが社会で果たす役割を踏まえたうえで、国民国家とイスラームが結びついたさいの問題を考察する。指定する参考資料について履修生が回りもちでレジュメを作成し、発表とコメントを中心に進める。
科目の到達目標 論文など一定量の文章を読み、論旨および論者のスタンスを把握した上で、自分の議論を作り出せるようになること。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 自分の担当であるか否かを問わず、資料を読み、発言する準備をすること。
講義内容 1. オリエンテーション 
2-4. オスマン帝国再考
5-7. ベドウィンの表象
8-9. 委任統治と現地社会
10-12. イスラーム経済、相互扶助、保護
13-15. 国民国家とイスラーム
評価方法 発表および発言(50%)、テーマごとに提出するペーパー(50%)
教科書等 特になし。論文などの資料を配布します。
担当者プロフィール 大学在学中にシリア・ダマスカス大学留学。大学院在学中にパレスチナ(イスラエル)留学。職歴として、国際交流基金中東専門員、外務省語学研修所(アラビア語)等。
備考