科目名 現代日本社会論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 直野章子
履修時期 前期
履修対象 1・2年次
概要 今年度は、近年日本社会で問題化している「子どもの貧困」をテーマに取り上げて、社会学(特に家族社会学)とフェミニズム研究の観点から多角的に検討し、解決法を模索するための理論的な手がかりを検討する。
科目の到達目標 受講生が社会問題に関する社会学的アプローチについて理解する。
社会学理論を通して社会問題を分析する力を獲得する。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 特になし。
講義内容 前期では、文献やデータを通して、社会学的観点から「子どもの貧困」に迫っていきます。講義も行いますが、主に演習として実施します。

1回目     イントロダクション
2~5回目   社会調査からみた「子どもの貧困」
6~10回目  「家族」からみた「子どもの貧困」
11~13回目 社会関係資本と「子どもの貧困」
14~15回目 解決策の模索
評価方法 議論への貢献(言うまでもないが、課されている文献を読み込んだうえで授業に臨むこと);担当する文献についての発表内容、以上2点で評価する。
教科書等 初回に指定する。
担当者プロフィール 社会学専攻、主な研究内容としては、原爆被爆の記憶、トラウマ記憶論、戦後補償論、最近では、子どもの貧困について「家族」という観点を通して考えている。
備考