科目名 応用言語論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 岩井 千秋
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 前期の応用言語論Iを発展させ、英語学習を中心に、言語の学習、使用、指導に関する応用言語学の近年の基礎理論と研究方法について学ぶ。これについての論文(主に英文の論文を使用)を精読する。方法論的には、定性研究の手法について、実際に英語学習者からデータを収集して分析や解釈を行う。
科目の到達目標 1.応用言語学についての主な研究理論を知り、受講者自身が目指す研究に繋げること。
2.応用言語学の定性的な研究手法について理解を深め、そのための実践的な能力を高めること。
受講要件 外国語教育、特に英語教育に関心があること。前期の応用言語論Iを受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 1.毎週、リーディングの課題を出すので、受講者は十分準備をして授業に臨むこと。
2.授業で取り組む調査課題などについて、データ分析などを試みること。

講義内容 (受講生の関心領域によっては、一部変更の可能性あり。)
第1部 応用言語学における定性研究(総論)
1.定量研究(前期)と定性研究の考え方
  学期を通しての課題(データ収集等)についての説明
2.近年の体系的な定性研究の理論基盤とデータの収集・分析方法
3.定性研究のアプローチ、メソッド、テクニック
4.応用言語学における定性研究の計画と実行

第2部 応用言語学における個別の定性研究事例
5.英語学習者に対するナラティブ調査
6.英語学習者を対象とするライフヒストリー調査
7.英語学習者を対象とする面接調査
8.英語教師の教授体験と教師ビリーフ
9.英語教師を対象とする面接調査
10.英語指導におけるアクションリサーチ
11.自由記述によるアンケート調査
12.収集データの分析方法- Grounded Theory Approach
13.収集データの分析方法- 修正版Grounded Theory Approachなど
14.NVivo 等のソフトを使ったデータ分析の方法

第3部 まとめ
15.後期のまとめと、受講生による研究発表
評価方法 論文のまとめ(20%)、発表(20%)、授業への参加・貢献度 (30%)、期末レポート(30%)
教科書等 応用言語学関係のジャーナル論文(主に英文)を配布
担当者プロフィール 第二言語の学習・習得、使用についての研究。研究モットー:「言語は『観察だ』」。授業での口癖:「目標言語と恋に落ちよ!」毎朝勉強中の言語:「韓国語」(と「英語」)。週1で勉強中の言語「手話」。現在の研究課題: Oral communication and performance, and strategy use. 主要著書:『第二言語使用におけるコミュニケーション方略』。さらに詳しくは: http://chuck-hcu.jp/
備考