科目名 比較言語論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 欒 竹民
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 日本語と中国語の語彙、文法を中心に、比較対照を通して、具体例を挙げながら分析、検討を加えて、両国語の語彙、文法上の特質を解明します。さらに、両国の文化的伝統、文化的背景、文化様式などが如何にして両国語の語彙、文法に影響・作用を与えたか、或いは与えつつあるかをも併せて考察します。
授業形態:演習
科目の到達目標 語彙論と統語論に関する基礎的知識を理解、把握すること。
受講要件 言語文化に関心を寄せ、問題意識を持つこと。
事前・事後学修の内容 事前予習、事後復習及び先行研究の調査、読解をちゃんとやること。問題意識をいつも持ちながら、積極的に問題解決に取り組むこと。
講義内容 1.語とは何か
2.語彙の諸相1
3.語彙の諸相2
4.語形・語構成1
5.語形・語構成2
6.語の変化1
7.語の変化2
8.位相語1
9.位相語2
10.語彙と文体1
11.語彙と文体2
12.語彙と文法1
13.語彙と文法2
14.日中両国語の語彙及び文法についての比較対照
15.まとめとレポートの書き方
評価方法 レポート、発表、授業中の積極性を加味して評価します。
教科書等 参考書:岩波講座日本語9 語彙と意味
    講座日本語の語彙第1巻 語彙原論、第2巻 日本語の語彙の特色
担当者プロフィール 日本語学(現代日本語、日本語史)を専攻。主として日本語の文法、語彙、意味、漢語の意味史、言語文化という見地からの日中両国語の比較対照、などについて研究。主要論文「中国語との比較による奈良平安鎌倉時代に於ける漢語の意味変化に就いての研究」、「「覚悟」の意味用法の通時態」、「日本語に於ける「道」の受容と展開-「芸道」の生成を一階梯として-」、「中日両国語に於ける「和平」と「平和」について」、「漢語の意味変化について―「迷惑」の続貂―」
備考