科目名 比較言語論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 欒 竹民
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 意味を中心にその分析、記述、分類の方法を考え、さらに中国語との比較によって日本語に多用されている漢語の意味変化、またその意味変化を誘発させる要因に焦点を当てて、法則性、類型性を重点的に考究します。
授業形態:演習
科目の到達目標 言語には音や文法といった側面もあります。しかし、最も基本的なものは意味の問題です。音や文法も究極的には意味との関連で問題となります。そこで、本講義では意味とは何か、意味研究の課題などにねらいを置きます。それによって、意味についての理解、研究に役立つようになります。
受講要件 言語文化に関心を寄せ、問題意識を持つこと。
事前・事後学修の内容 事前予習、事後復習及び先行研究の調査、読解をちゃんとやること。問題意識をいつも持ちながら、積極的に問題解決に取り組むこと。
講義内容 1.意味論とは何か、意味論の対象・目的1
2.意味論とは何か、意味論の対象・目的2
3.意味の本質1
4.意味の本質2
5.意味の分析・記述1
6.意味の分析・記述2
7.意味とコンテクスト1
8.意味とコンテクスト2
9.意味の変化及びそのメカニズム1
10.意味の変化及びそのメカニズム2
11.漢語の意味変化の特徴1
12.漢語の意味変化の特徴2
13.漢語の意味変化の類型と要因1
14.漢語の意味変化の類型と要因2
15.まとめとレポートの書き方
評価方法 レポート、発表、授業中の積極性及び出席状況を加味して評価します。
教科書等 参考書:池上嘉彦「意味の世界」(NHKブックス)
    国広哲弥「意味論の方法」(大修館書店)
    池上嘉彦「意味論」(大修館書店)
担当者プロフィール 日本語学(現代日本語、日本語史)を専攻。主として日本語の文法、語彙、意味、漢語の意味史、言語文化という見地からの日中両国語の比較対照、などについて研究。主要論文「中国語との比較による奈良平安鎌倉時代に於ける漢語の意味変化に就いての研究」、「「覚悟」の意味用法の通時態」、「日本語に於ける「道」の受容と展開-「芸道」の生成を一階梯として-」、「中日両国語に於ける「和平」と「平和」について」、「漢語の意味変化について―「迷惑」の続貂―」
備考