科目名 通訳論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 教授 渡辺 智恵
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 通訳に関する基本的事項について理解するとともに、通訳の理論モデルを概観し、文献研究及び事例研究を通じて、実際の通訳との接点を探る。
科目の到達目標 ・通訳に関する基本的用語を理解する。
・通訳の歴史について理解する
・通訳の過程について、理論的側面および実践的側面から理解を深める。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 毎回課題を課すので、十分に準備して授業に臨むこと。
講義内容 ・オリエンテーション(1回)
・通訳に関する基本的用語(2回)
・通訳の歴史(3回)
・通訳と言語(2回)
・通訳の過程(3回)
・意味の等価(3回)
・まとめ(1回)

授業は、講義、文献の輪読、討論、通訳の実践を組み合わせた形で行う。
評価方法 授業への準備、参加度、レポート、発表等で総合的に評価する。
教科書等 必要な資料等は適宜配布する。
担当者プロフィール 英語教育学(TESL/TEFL)を専攻。CALL利用による英語教育、日本人英語学習者のリーディングのプロセス、通訳訓練の英語教育への応用を主な研究テーマとしている。
備考