科目名 通訳論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 教授 渡辺 智恵
履修時期 後期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要 「訳す」という行為を異文化コミュニケーションとして捉え、多様な事例を通じて通訳の社会文化的な意義を探るとともに、一般的な英語学習への通訳訓練の応用についても検討する。
科目の到達目標 ・通訳の異文化コミュニケーション手段としての側面について考える。
・通訳が果たす社会文化的な役割について考察する。
・通訳訓練の英語学習への応用について検討する。
受講要件 特になし
事前・事後学修の内容 毎回課題を課すので、十分に準備して授業に臨むこと。
講義内容 ・オリエンテーション(1回)
・異文化コミュニケーションとしての通訳(4回)
・通訳の社会文化的意義(4回)
・通訳訓練の英語学習への応用(4回)
・まとめ(1回)

授業は、講義、文献の輪読、討論、通訳の実践を組み合わせた形で行う。
評価方法 授業への準備、参加度、レポート、発表等で総合的に評価する。
教科書等 必要な資料等は適宜配布する。
担当者プロフィール 英語教育学(TESL/TEFL)を専攻。CALL利用による英語教育、日本人英語学習者のリーディングのプロセス、通訳訓練の英語教育への応用を主な研究テーマとしている。
備考