科目名 日本語教育論Ⅰ
単位数 2.0
担当者 准教授 武藤 彩加
履修時期 前期
履修対象 博士前期期課程1、2年
概要 授業形態:演習
認知言語学(Cognitive Linguistics)の見方を日本語教育に応用し、既存の日本語教育の問題点を考えます。
科目の到達目標 認知言語学の研究成果をふまえて、学習者に教えるべき「日本語らしい日本語」とは何かを考えます。
1.認知言語学の基本的な考え方,キーワードを理解する。
2.1の理論をもとに,文化とことばの関係を考察する力を身に付ける。
3.認知言語学の見方をふまえ、日本語母語話者の事態把握の仕方の特徴と言語化に至る過程を考える。
4.上記を踏まえ,日本語学習者に教えるべき日本語らしい日本語とは何かを検討する。
受講要件 日本語教育、認知言語学、現代日本語学のいずれかに関心を持つ大学院生、研究生
事前・事後学修の内容 事前学習:文献の購読
事後学習:課題,発表準備等
講義内容 1.言語学の対象、レベル、方法
2.認知とは
3.認知言語学の基本的な考え方
4.カテゴリー化
5.プロトタイプ
6.家族的類似性
7.スキーマ
8.言語カテゴリー
9.多義性、メタファー・メトニミー
10.認知言語学から日本語らしい日本語へ向けて
11.認知言語学の日本語教育への応用と有効性
12.日本語教育の場に現れた認知言語学の世界
13.日本語話者は「見え」のままに話す
14.日本語話者は共同で話す
15.日本語教育・日本語教科書を考える
評価方法 出席および授業への貢献度 (30%)、発表(30%)、課題(10%)、期末レポート(30%)
教科書等 追って指示します。
担当者プロフィール ・現在取り組んでいる研究課題
科研費:味覚語彙における普遍性と相対性に関する研究(♯16K02636)
・著書
2014年度,文部科学省研究補助金,研究成果公開促進費(学術図書),『日本語の共感覚的比喩』(単著),ひつじ書房,課題番号265075,2015年2月16日.
備考