科目名 平和学概論
単位数 2.0
担当者 ヴェール,ウルリケ、太田育子、大庭千恵子、河上暁弘、西田竜也、古澤嘉朗、水本和実、目黒紀夫、湯浅正恵、吉田晴彦(コーディネータ-)
履修時期 前期
履修対象 博士前期課程1、2年
概要  この講義では、本大学院修士課程で平和学を専攻するにあたり、必須となる基礎知識と研究手法の習得に焦点を当てる。前半では国際関係における平和をめぐる理論的課題を中心に、後半では現代世界における平和をめぐる諸問題について扱う。
科目の到達目標 平和学の基礎知識および研究手法の習得
受講要件 すべての学生が履修できる。
なお、修士(平和学)の学位取得をめざすものは、本科目がコア科目の一つに指定されているので、留意すること。
事前・事後学修の内容  講義は受講生の実情および必要に応じて、日本語または英語で行われる予定。事前に指示される資料は、熟読の上参加すること。
講義内容   1)イントロダクション:平和とは何か

Ⅰ 国際関係と平和
  2) 国際安全保障
  3) 国際関係の歴史と国民国家
  4) 国際的な核軍縮の取り組み
  5) 現代国際法と平和
  6) 紛争と平和
  7) 平和の地政学

Ⅱ 現代世界と平和
  8) 正義
  9) 経済と平和
  10) 開発と環境
  11) ジェンダーで考える戦争と平和
  12) アートと平和
 13) 日本国憲法と平和
  14) 現代世界と平和

  15)まとめ

※変更がある場合は別途指示する。

評価方法  平常点および期末レポートで総合的に判断する。
教科書等  事前に各回で用いる資料を別途指示する。
担当者プロフィール
備考