科目名 回路設計自動化特論
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 准教授 市原 英行、助教 稲木 雅人
履修時期 後期
履修対象 1、2年
概要 授業形態:講義

半導体微細加工技術の進展に伴い、様々な電子機器にVLSIシステム(1つあるいは少数の集積回路で実現されるシステム。SoCやSiP)が組み込まれるようになった。しかしながら、このようなVLSIシステムに対応した回路・システム設計技術の進展は十分とは言えず、 多くの課題を抱えている。本講義では、現在主流であるSoCの設計自動化技術、特に機能検証技術、動作合成技術、低消費電力技術、テスト容易化設計技術について講義する。
科目の到達目標 LSI設計に関する体系的な知識を修得すると共に、最先端の技術課題についても理解する。
受講要件 前期の計算機支援設計特論と、論理回路・システム特論を受講していることが望ましい。
事前・事後学修の内容 事前学修:受講者は予め配布した資料を予習して講義に臨む。特に輪講における説明担当者は予習をしっかりと行うこと。
事後学修:講義で得られた疑問点を明らかにする。
講義内容 前半の2~8回はSoCの設計自動化技術の基礎として、レイアウト設計技術、テスト容易化設計技術の基礎となる
アルゴリズムや技術を英語テキストや論文を用い輪講する。
後半の9~15回はSoC設計自動化技術の最新動向として、機能検証技術、FPGA技術、高速LSIテスト技術などの内容を
ディスカッション形式で講義する。

1.イントロダクション
2.SoCの設計自動化技術の基礎(配置配線:基礎)
3.SoCの設計自動化技術の基礎(配線配線:発展) 
4.SoCの設計自動化技術の基礎(レイアウト設計) 
5.SoCの設計自動化技術の基礎(故障モデル)
6.SoCの設計自動化技術の基礎(テスト生成:基礎)
7.SoCの設計自動化技術の基礎(テスト生成:発展)
8.SoCの設計自動化技術の基礎(テスト容易化設計)
9.SoC設計自動化技術の最新動向(SoCとその利用方法)
10.SoC設計自動化技術の最新動向(機能検証技術:基礎)
11.SoC設計自動化技術の最新動向(機能検証技術:発展)
12.SoC設計自動化技術の最新動向(FPGAの技術動向:基礎)
13.SoC設計自動化技術の最新動向(FPGAの技術動向:基礎)
14.SoC設計自動化技術の最新動向(高速LSIテスト技術:基礎)
15.SoC設計自動化技術の最新動向(高速LSIテスト技術:発展)
評価方法 講義での演習および、最終レポートにより、授業の理解度を総合的に評価する。理解度は100点満点に換算し、秀から不可までの5段階評価を行う。
教科書等 資料(STARC「SoC設計技術者教育講座」など)を配付。
担当者プロフィール 授業内容に関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。

市原:コンピュータの設計・テスト、フォールトトレランスの研究に従事。
稲木:LSI回路の設計自動化、特に自動配置配線設計の研究に従事。
備考 高等学校教諭 専修免許状 情報 「情報の教科に関する科目」の選択科目