科目名 情報物性特論Ⅱ
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 准教授 八方直久
情報工学専攻 講師 藤原真
履修時期 後期
履修対象 1、2年生
概要 物質・材料の性質は、はぼ「組成(どのような元素から成り立っているか?)」と「原子構造(どのように配列しているか?)」で決定される。特に「局所的な活性点」の原子構造が重要となる。情報技術に欠かせない半導体の性質も然り。本講義では、物質・材料の原子構造の解明と性質の関係について講述する。また、関連する実験実習を実施する場合がある。
科目の到達目標 物質物理(材料工学)、特に半導体物理の基礎の習得を目標とする。
受講要件 特になし。
事前・事後学修の内容 教科書を読み、理解して説明することを要望する。
講義内容  1 活性サイトと局所機能構造
 2 原子分解能ホログラフィーによる原子構造解析
 3 散乱と原子像再生
 4 原子位置の揺らぎ
 5 半導体中のドーパント
 6 不均質系材料
 7 第一原理電子状態計算
 8 電気伝導
 9 無機材料
10 有機デバイス・バイオ材料
11 ナノ材料の解析
12 電子顕微鏡 
13 走査プローブ顕微鏡
14 近接場光学顕微鏡
15 まとめ (発表と議論)

評価方法 授業での発表内容やレポート課題を総合的に評価する。学部学生+αの知識を習得できたかどうかを見て、評価を行う。

【評価の観点】:
(1)用語、公式、法則、定理等を正確に述べ、説明することができるか。(知識力と理解力)
(2)式を正確に変形でき、適切に利用し、説明することができるか。(計算力)
(3)公式、法則、定理等に基づいた論証を適切に展開できるか。(論理力)
教科書等 教科書:大門寛、佐々木裕次「機能構造科学入門」(丸善出版)

参考書:志村史夫「固体電子論入門」(丸善)
担当者プロフィール 【相談時間】: 随時受け付けますが、まずはメール連絡をおねがいします。
【連絡先】:メールアドレスは、IT's class. の「担当情報」を見て下さい。
 自室番号:情報棟4階437号室(八方、藤原の共同部屋。藤原は434号室で執務中のことも多い。)
 電話番号:082-830-1553(八方)、082-830-1551(藤原)
備考 【教職】高専修(情報)