科目名 システムレベル設計検証特論
単位数 2.0
担当者 情報工学専攻 教授 弘中哲夫、講師 谷川 一哉
履修時期 前期,集中
履修対象 1、2年生
概要 デジタルシステムを設計するときのトップダウン設計開発フローを学習する.本講義では大規模なデジタルシステム設計に対応可能な体系的なトップダウン設計手法を講義演習通じて学習する.講義では具体的な設計案件を題材に,仕様書を作成,見直しを繰り返しながら具体的な要求仕様から具体的な詳細仕様書にしていく課程を学習し,体験していく.
科目の到達目標 本講義で次の3つの能力を身につける事を目標とする.
1) 新規設計案件に基本設計から取り組む能力だけでなく,
2) 設計期間短縮に貢献する明確な設計仕様書を作成する能力,
3) 仕様段階でのシステムの不備をデバッグする能力.
受講要件 ハードウェア設計,または,プログラム設計の経験があることが望ましい.
事前・事後学修の内容 事前学修として設計するデジタルシステムの動作仕様,使われ方,使い方などを調査研究室来ること.
事後学修としては講義時間内の演習だけで作成できなかった課題は,講義時間終了後も続けて完成させることで学修を確かなものにすること.
講義内容 1.デジタルシステムの概要
2.演習:作成する製品のコンセプトの決定
3.発表:作成する製品のコンセプト
4.演習:機能リストの作成
5.発表:機能リスト
6.トップレベル仕様書作成概要,テスト仕様書の概要
7.演習:仕様書の作成
8.発表:仕様書
9.アーキテクチャ設計
10.演習:アーキテクチャ設計
11.フロントエンド,バックエンド設計の概要
12.演習:フロントエンド,バックエンド設計演習
13.発表:フロントエンド,バックエンド設計
14.演習:最終プレゼン準備
15.最終プレゼン
評価方法 毎回の仕様書の報告と討論により仕様書詳細化の課程を体得しているか否かを確認し,
合否を決定する.
優:作成した仕様書の内容が詳細まできちんとできており,発表も分かりやすいこと.
秀:作成した仕様書の内容が詳細まできちんとできている
良:全ての演習と発表をきちんとこなしている
教科書等 教科書等:適時プリントを配布する.
担当者プロフィール 担当者らはコンピュータアーキテクチャに関する実践的な研究を通じ,これまで様々なプロトタイプシステムの設計開発プロジェクトをこれまで経験しており,設計開発プロジェクトを成功させる手段としてのデジタル上位設計・設計検証手法に関心を持つ.特にシステムレベル設計はCADなどの各種設計ツールで行われるのでは無く,ワープロ,表計算ソフト,作図ソフトによる設計仕様書作りで行われるという信念を持つ.


授業内容や宿題などに関する、学生の個別学習相談を随時受け付けています。
教員の所在は、学内サイネージ等に掲示されていますので、確認の上、研究室を訪ねてみてください。

備考 [教職] 中高専修(情報)