科目名 知識工学特論
単位数 2.0
担当者 知能工学専攻 教授 松原 行宏
       講師 岡本 勝
履修時期 前期
履修対象 1年次、2年次
概要 情報通信技術の発展に伴い,コンピュータを用いた学習支援システム(eラーニング)が普及しつつある.本特論では,eラーニング・学習支援システム研究の系譜を概観し,現在の状況と課題を整理する.そして,昨今の基盤技術となっているeラーニングのオープン化,標準化とそれに関する諸課題を理解する.また,次世代のeラーニングとして期待される,ユビキタス・モバイル技術,拡張現実感技術,人工知能を用いた学習支援システムについて探求する.
授業形態:講義および演習
科目の到達目標 eラーニング・学習支援システム研究の系譜を理解し,オープン化の側面から現在の基盤技術を学び理解する.また,知能工学分野の技術の観点から次世代のeラーニング・学習支援システムを探求できるようになることを到達目標とする.
また関連する論文の調査分析,発表を通じ,問題解決力やプレゼンテーション力を身につけることも到達目標とする.
受講要件 プログラミング言語(C,Lispなど)の基礎知識を有していること.
学習支援システムに関する議論に積極的に参加できること.
能動的・積極的に調査分析を行い,ディスカッションに参加することを期待する.
事前・事後学修の内容 必要に応じて事前事後学修のための課題を課す.
講義内容 1.イントロダクション
2.ICT技術発展とeラーニング開発・普及の系譜
3.体験増幅を目指した学習支援
4.スキル学習を目的としたICT利用
5.スポーツトレーニングにおける学習支援
6.スキル学習へのデータ分析応用
7.医療訓練とVR
8.人工知能を用いた学習支援
9.中間まとめ
10.先端技術を用いた学習支援手法の提案・ディスカッション
11.VRを用いた学習支援手法の提案・ディスカッション
12.スキル学習へのICT技術応用の提案・ディスカッション
13.eラーニングへのデータ分析応用の提案・ディスカッション
14.人工知能を用いた学習支援手法の提案・ディスカッション
15.総括
評価方法 レポート4割,発表4割,および課題プログラム2割
の重みを与え評点を算出し,
   秀:評点 90 ~ 100点
   優:評点 80 ~ 89点
   良:評点 70 ~ 79点
   可:評点 60 ~ 69点
  不可:評点 59点以下
 に従って評価を与える.
教科書等 教科書:適宜プリントを配布する
参考書:D.Sleeman, J.S.Brown, Intelligent Tutoring System, Academic Press
担当者プロフィール 授業内容や宿題などに関する,学生の個別学習相談を随時受け付けています.
下記問合せ先まで連絡し,各担当教員と個別にアポイントを取って下さい.

松原行宏 問合せ先:情報科学部棟6階653号室 E-mail:matsubar@hiroshima-cu.ac.jp
岡本 勝 問合せ先:情報科学部棟6階651号室 E-mail:okamoto@hiroshima-cu.ac.jp
備考 【教職】高専修(情報)